読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

21歳になったジャニオタの独り言

 

初投稿、これを読んでくださってるのはフォロワーさんが中心のはず!まずはじめに、いつも、本当にありがとうございます。元はと言えば、日々更新される情報や新しいお仕事についてのことに追いつけるように始めたTwitterのアカウント。こんなに自分に大切な場所になるとは思ってもみなかった、怖いくらいです。正直、最近もはやジャニーズWESTを追うこと以上に、ここでジャスミンのお友だちとお喋りするのが楽しみになってる...けどまあいいか、そんな有り難いことはないです。本当に21歳になったばかりのジャニオタがただだらだらと喋るだけのブログなので、これから先を読むかここで止めるかは貴女次第。上手い下手は別として好きで文章を書いています。自分の意見や考えを基に書いてますので、誹謗中傷は御免です!

 

気づいたらジャニオタだった。のですが、今まで言及したことはあまりありませんが、実を言うと気持ちが関西ジャニーズに向いたことがジャニーズWESTを好きになるまで全くありませんでした。ザ少年倶楽部自体は10年近く観ているし、ドル誌も読んでいたから彼らの存在も知っていました。じゃあどこで本格的に魅力を感じて引かれたか、というと、小学校から高校まで一緒だった地元のジャニオタの友だちに「なにわ侍 ハロー東京!」に連れていってもらったことでした。そこで彼らに会わせてくれた、彼らのことを教えてくれたその友だちには、その後わたしがどっぷり沼にはまるまでイベントなどにも連れていってもらったりして、本当に感謝しかありません。ありがとう。

 

もちろん年始からそれまでにかけての彼らの状況も把握してその上で観劇していたけれど、彼らの人柄や関係性がこうも舞台に現れるものなのか吃驚しました。もっと見ていたいと思ったし、引き込まれた。加えて、のんちゃん担と神山くん担の方に気分を悪くしてほしくないので先に謝っておきますが、なにわ侍を見てまず好きになったのが、のんちゃんでした。メンバーに甘えて愛のあるボケをかまして、ラジオなどのお喋りも上手で、そしていつも笑っている印象があって。ただ、ジャニーズWESTを好きになってどんどん知っていくうちに、メンバー全員の良いところがどんどん見えてきて、正直神山くんに落ち着くまでにも迷走しまくり、ある意味グループ担・それこそ虹色ジャスミンな時期があったように思います。でもこれってたぶんわたしだけじゃないと思うし、それってジャニーズWESTが素敵すぎるグループだからだよね、きっとね。

 

ちらっとTwitterでも言ったことがありますが、いつ神山くんを好きになったか。覚えていません。(笑) というより、ここから!という具体的なポイントが無かった。気づいたらカメラロールが神山くんで埋まり、ブラブラにも1人でふらっと脚を運び。そんなわけでこのブログを書くにあたり好きなところをじっくり考えてみました。そして、まず最初に浮かんだのが「自分にはできないことを神山くんはやっている」から。小さいころからスポーツも音楽も勉強もしてきたけれど、どれも人並みで「好き」「続けたい」「上手くなりたい」という感情をあまり持ってこなかった。でも神山くんはダンスが好きで、お仕事も明確な目標を持ってやってきた。何となくのんびり過ごしてきて闘争心の欠片もなかったわたしには、彼のそういうところがとてもまぶしく映りました。ある意味では羨ましかったのかも...でもそんな中、これってみんな感じているものなのかはわからないけど、彼って影がありますよね。人見知りなのもそうだし、同じようなことを書かれている神山担の方がい他にもいましたが、パフォーマンスの面でかなり秀でたものがあるにも関わらずどこか不安気な雰囲気がある。なんだかそれがピタッとはまったのか、応援したくなって見守りたくなって、気づいたらこんなことになっていた。(笑)でもその影の部分をメンバーも温かい目で見てサポートしているのもまた感じられて、ああ彼は愛されてるんだなあ、とわたしはそんな彼が愛おしくなってしまった、らしい。神山智洋という存在を以前から知っていたのにどうして好きにならなかったんだろう、とも考えたけど、これに関してはタイミングだったと思っています。たぶんわたしが好きになった時の神山智洋が、わたしにとっては魅力的だった。まあそこからは、右肩上がり、ですけれど。しかもこのタイミングで黒髪って、ねえ...ずるいなあ!

 

10月25日、大阪マラソン。正直神山担のわたしはとても不安です。彼の性格を考えると、自分だけノルマが免除されたことや、そもそも完走できるのかケガの影響が出てしまわないか、いろんなことを考えて悔しさと情けなさに苛まれて押しつぶされそうになっていないかがとっても怖い。と、思っていたけど、濱ちゃん淳太くんがいるじゃん。お兄さんたちはやるせない気持ちを抱えた弟をしっかり見ていてくれたはず。メンバーも応援してくれているはずだし、彼もやるべきことはわかっているはず、何かあればメンバーが支えてくれるはず...という、マラソンに限らず、メンバーが神山くんを愛してくれていることになぜか感謝の感情が生まれてぐるぐる巡る謎のループ。何より、神山くん本人が辛くならないように、でもお仕事でやっている以上精一杯の誠意をもって、やれるだけのことをやってきてくれたら嬉しいなあ。東の地から念を送ります。

 

わたしは家族の話をたくさんしてくれる、メンバーがお互い好きあって信頼しあうジャニーズWESTが大好きです。担当G贔屓なんだろうけど、こんなあったかいグループなかなかないよ。そんな彼らをこれからも応援していくうえで、今Twitterで仲良くしてくれているフォロワーの皆様は必要不可欠です。誕生日にあたり、温かい言葉をかけてくれてありがとう。ツイートが好き、会いたい、おめでとう、ってそんな嬉しい言葉、本当に大好きです。読み返すとなんとまとまらないブログなんだ情けない...読んでくれた方には申し訳ない気持ちでいっぱいだけど、21歳になった今考えていることをだらだら書いてみました。何を伝えたかったかというと、神山くんを筆頭にジャニーズWEST、そしてフォロワーの皆様への愛と感謝です。 なんだかいろいろ溢れまくってるけど引かないでくれると嬉しい...(笑)つまるところいつもありがとう、これからもよろしく、です!ツアーが楽しみすぎる、早くみんなに会いたい!